葬式

葬儀に冠する考察

価値観の多様性

数珠

僅か数十年前の日本では昔ながらの風習や価値観にとらわれた文化や習慣を数多く見ることができました。とくに冠婚葬祭に関する儀式には、昔からの文化や伝統、風習が重んじられそれに倣って執り行われることが一般的でした。多くの人が同じようなスタイルで文化にのっとって結婚式や葬儀を執り行っていました。しかし近年はこうした昔ながらの文化や習慣にとらわれない結婚式や葬儀を執り行う人が多くなってきました。日本も個人個人の個性や独自性、価値観や主義信条が尊重される時代に突入し、結婚式や葬儀にも故人の意思や信条が色濃く反映されるようになりました。とくにこうした傾向は大阪や東京といった首都圏で数多く見ることができます。

葬儀や埋葬の多様性

大阪や東京といった首都圏では家族葬や直葬といった昔では考えられない少人数の葬儀スタイルが人気になっています。また大阪や東京では亡くなる以前の元気な状態の時に葬儀を執り行う生前葬も人気になりつつあります。風習や文化にとらわれるのではなく、自分が納得のいく根性に悔いの残らない形で葬儀を執り行いたい、また経済的事情からあまり多くのお金を使いたくないといった事情をそこに見ることができます。また大阪や東京といった首都圏では墓地の不足が深刻であり、それを解消するために共同墓や樹木葬といった埋葬スタイルも注目を集めています。樹木葬とは緑や花々が豊富な公園の様な墓を指し、シンボルの大きな樹木の下に多くの人々を埋葬するスタイルを言います。樹木葬は一般的な墓地を購入するよりも経済的であり、樹木葬は従来のお墓のイメージよりも明るいイメージがあり注目を集めるものとなっています。