葬式

葬儀のあり方を考える

家族だけ行う葬儀

葬式

家族葬とは最近よくつかわれる言葉ですが、決まった定義があるわけではありません。家族だけで行う簡素な葬儀のことを一般的に家族葬と呼んでいます。 葬儀を行う場合に誰もが盛大に儀式を行いたいと考えているわけではありません。個人に特別な状況があって盛大にできない場合もあるでしょうし、家族だけで送り出してやりたいと思っている親族もいます。そのような場合に、従来型の盛大な儀式ではなく、家族だけで執り行う簡素な葬儀が好まれるのです。家族葬に定義はありませんから、純粋に親族だけでしなければならないわけではありません。場合によっては友人だけを招く場合もあるでしょうし、規模の小さな葬儀のことを一般に家族葬と呼びます。

これからの葬儀のあり方

最近になって家族葬が増加傾向にある理由としては、旧来の葬儀にとらわれなくなったことが大きく影響しています。これまでは、葬儀のような儀式は軽く扱ってはいけないという慣習的なものがありました。しかし、近年はこのような慣習よりもそれぞれの個人の考えが重視されるようになりました。その結果、旧来の慣習にとらわれずに、自分たちのやりたい方法で行う場合が増えてきたのです。もちろん、そのことが故人の尊厳を軽く見えているわけではありません。家族葬というのは、故人のことを十分に考えたうえで、一番の身内である喪主が決めて行うべきことなのです。今後も自由な発想に基づく葬儀のあり方が増えていくことが考えられますが、家族葬はその先進的な事例と言えます。